プラセンタ、なぜ馬や豚のものを使う?
美容

プラセンタ、なぜ馬や豚のものを使う?

胎盤がプラセンタの意味です。
つまり動物の胎盤を指しています。
他にもhttp://xn--1cki4e8c6bw175aa9883byz9b.com/にもかいてあるうに植物性や海洋性というのもあります。
では、何の動物が使われているかという話になるわけですが、馬や豚です。

豚と思われる方がたくさんいらっしゃると思います。
それゆえにプラセンタという名前は使われますが、豚の胎盤とはあまり言われません。
聞こえがあまりよくないからです。

どうして、馬や豚かというと、それには理由があります。
栄養素が高いからです。
そして比較的人間に近いものとして考えられています。

豚と馬を比較すると、まず、豚は子供をたくさん生みます。
それにより、胎盤も薄くその分栄養価が低くなってしまいます。

馬の場合は、一回の出産で一匹しか生めません。
ですからその分栄養が凝縮されているのです。

ですから、馬のプラセンタの方が栄養価は高い特徴があります。
とりわけ特別な環境で育てられたサラブレッドであれば、更に栄養価は高くなります。

どちらにしても良い特徴としては、安全性が高いところにあります。
豚というとイメージがあまり良くないかもしれませんが、実際には非常に厳格な規則の元に育てられた豚ですので、安心、安全性が高いということができます。
豚や馬のプラセンタが用いられるのにはきちんとした訳があるのです。
これらが原料になっているプラセンタは様々な製品タイプとして売られています。
その中でも愛用者が多いのはサプリメントhttp://xn--1cki4e8c6b5622anre5qaa3854cbf5apx3a.com/やエキス配合の美容液などです。
サプリタイプは他の製品タイプに比べて比較的安く買うことができるので試しやすいのです。

このページの先頭へ